日帰り登山~関東お気軽散歩

北海道ふっこう割の旅 網走散策

北海道ふっこう割の旅 網走散策
2018年12月16日(日) 晴れ 北海道網走市

網走駅 → 道の駅 流氷街道網走 → 網走バスターミナル → 北方民族博物館 → オホーツク流氷館 →
博物館網走監獄 → 網走バスターミナル → モヨロ貝塚館 → 道の駅 流氷街道網走 → 網走番屋 →
網走バスターミナル → 女満別空港

2日目は網走市を散策してみました
1日目はこちら(北海道ふっこう割の旅 北見~温根湯温泉)

網走駅前
網走駅前からスタート(7:40)

ちょっと散策
バスの時間までちょっと街歩きをしてみよう
道脇に積み上げられた雪の山がいっぱい!!
しばらく歩くので今日も手袋、帽子と完全防寒装備!(それでも寒い~)

道の駅が見えてきた
道の駅が見えてきたぞ 歩道がよくわからない

道の駅 流氷街道網走
道の駅「流氷街道 網走」に到着(8:10)
まだ開いてないみたいだ 中で準備していた
また後で来てみよう

ニポネ
自販機に描いてあるのあばしりのご当地キャラ「ニポネ」 かわいい!!

オホーツク海
道の駅のテラスからの眺め
網走川の奥にみえる海あれがオホーツク海かー 流氷はまだ来てないみたいだね
これで日本に接する大海全部見た事になるのかな やったー!!

帽子岩
帽子岩 目立つ大きな岩

知床半島かな
遠くに見えるのは知床半島かな
しれとこのみさきに~♪ってヤツだね ハマナスってまだ見たことないや

バスターミナルへ
そろそろ時間なのでバスターミナルへ 来た道を戻りまーす

雪いっぱい
雪たくさん積んでる

網走バスターミナル
網走バスターミナルに到着
お得な特典がついてて指定区間乗り放題の「あばしりフリーパス」を購入
帰りの女満別空港行きにも利用できる

3番乗り場
3番乗り場から観光施設めぐり線に乗車
バスの本数が少ないので無駄なバス待ち時間が無い様に観光施設を巡る順番に悩む・・・
行く前に考えた計画は北方民族博物館から流氷館まで歩けば時間を短縮でき網走監獄をゆっくり見れそう
でも博物館から流氷館まで雪道を歩けるのかちょっと心配・・・行きのバスから道の感じを見て決める事にしよう

北方民族博物館
バスに乗る事40分くらいで観光施設めぐり線の終点 北方民族博物館に到着(9:15)
北方民族・オホーツクの文化を紹介する博物館
他の乗客は途中の監獄で降りて終点までは自分だけだった。
9時半オープンちょっと早かったけど中に入れてくれた。(外は寒いのでよかった♪)

北方民族博物館
北方地域の民族衣装がいっぱい展示してある

北方民族博物館
アラスカのエスキモーの竪穴住居

北方民族博物館
牙製クマ像

北方民族博物館
毛皮 なかなかいい手触り

北方民族博物館
アイヌ衣装

北方民族博物館
ゲルもあった

北方民族博物館
北方で暮らす人たちの文化に触れられ見どころがある施設だった
外に出るとやっぱ寒い~

しばらく歩く
施設の位置は網走監獄は山の麓あたり、オホーツク流氷館が山頂で
北方民族博物館は山頂からちょっと下った位置にある。
行きのバスから道を確認した結果・・・流氷館まで無茶をせず歩けそうな感じだった
予定通り歩いてみよう!

オホーツク流氷館が見えた
足跡があったので自分と同じ事考えた人もいたみたいだ
登り道はずっこけないようにすり足で進む
木の間からオホーツク流氷館が見えたぞ

オホーツク流氷館
歩くこと8分オホーツク流氷館に到着(10:08)
ここまで計画通り! うまくいってよかった~あとはバス移動なので平気♪

天都山山頂
建物の奥が天都山山頂 標高207m

天都山山頂からの眺め
山頂からの眺め 網走市街地が見える

オホーツク流氷館
流氷を見に行ってみよう

オホーツク流氷館
途中にあったクリオネ水槽

オホーツク流氷館
オホーツク海の生き物 貝の仲間だと初めて知った

オホーツク流氷館
用意されてた濡れたタオルを持って流氷体感室の中へ

オホーツク流氷館
本物の流氷だ 触ることもできる 固い
氷っぽくもなくて例えると冷凍庫にできる霜がさらに固く大きくなった感じ

オホーツク流氷館
中は-15度 凄く寒い!! と思ったら外寒かったし体が慣れてバカになっているのか
そんなに外と変わらない感じだった
入口には防寒具も用意されていた

オホーツク流氷館
濡れたタオルをグルグル振り回してると棒状に固まった「しばれ体験」
野ざらしのアザラシと棒タオル

オホーツク流氷館
建物の屋上が展望台になってる 白く見えてるのは網走湖かな
そのさらに奥の能取湖は凍ってないみたいだ

パノラマ

オホーツク流氷館
反対側 網走市街地方面
奥に見える右端の高い山が日本百名山の一つ斜里岳(1547m)

オホーツク流氷館
さらに知床半島の先端あたりをズーム
左から2つ目の山の右端あたりが日本百名山の一つ羅臼岳(1660m)

パノラマ
山頂よりよく見える

オホーツク流氷館
大きなニポポ像

オホーツク流氷館
ここから先は網走監獄まで距離があるのでバスを待って移動

博物館 網走監獄
博物館 網走監獄に到着(11:22)

鏡橋
鏡橋

博物館 網走監獄
気温は? -5度

博物館 網走監獄
煉瓦門 しっかりお勤めしてきます

博物館 網走監獄
博物館網走監獄・旧網走刑務所庁舎

博物館 網走監獄
パンフレットに館内ガイドツアー書いてあったけど冬季はやってないみたい

博物館 網走監獄
ゴールデンカムイコーナー
帰ってきてから読んだけど面白かった ピュウ☆

博物館 網走監獄
ここにもニポポ

博物館 網走監獄
釧路地方裁判所網走支部法廷復原棟
色々な建物が移築されてる

博物館 網走監獄
平成3年まで使用されていたもの

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄
休泊所
札幌と網走を結ぶ中央道路を開削する時に使われた囚人達の宿舎

博物館 網走監獄
丸太でできた枕 起床時は叩いて起こされる

博物館 網走監獄
過酷な環境

たこ足
耕耘庫 ブラタモリで見た16か所に種が蒔ける「たこ足」

博物館 網走監獄
監獄歴史館へ

博物館 網走監獄
監獄の歴史や囚人たちの生活が紹介されてる

博物館 網走監獄
中央道路開削工事に送り込まれる囚人達

博物館 網走監獄
過酷な環境で工事がおこなわれた

博物館 網走監獄
足に鉄丸をつけて歩くことが体験できる

博物館 網走監獄
こっちは宿泊所のベット体験も

博物館 網走監獄
囚人服

博物館 網走監獄
鉄丸

博物館 網走監獄
旧網走刑務所 二見ヶ岡刑務支所

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄
教誨堂及び食堂

博物館 網走監獄
舎房

博物館 網走監獄
高見張り

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄
舎房及び中央見張所へ

博物館 網走監獄
中は

博物館 網走監獄
放射状に建つ五つの舎房

博物館 網走監獄
第一舎

博物館 網走監獄
第二舎

博物館 網走監獄
第三舎

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄
中からは向かい側が見えないようになってる

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄
脱走してる!

博物館 網走監獄
これだけじゃ暖かくなさそう

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄
独居房

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄
教誨堂

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

博物館 網走監獄
監獄食堂

博物館 網走監獄

市内へ
市内へ戻ります(14:12)

網走バスターミナル
網走バスターミナルに戻ってきた
腹減った 調べておいた商店街にある「レストラン ホワイトハウス」へ
ステーキといくら丼が同時に食べれる夢のような組み合わせ! ボリュームもあっておいしかった

網走川
網走川を渡る

モヨロ貝塚
モヨロ貝塚へ

モヨロ貝塚
今から1300年前にオホーツク沿岸で暮らしていたモヨロ人

モヨロ貝塚
かわいい

モヨロ貝塚
クマなどの動物を祭っていたり縄文や弥生とは違う文化があったみたいだ

モヨロ貝塚
出てきた骨から なかなかグルメな食生活だったのかな

モヨロ貝塚
ミンククジラの骨格標本

モヨロ貝塚
堅穴住居跡 今は雪の下だね

道の駅
もう一度道の駅へ

幻のカニ イバラガニ
幻のカニ いばらがに

『北の桜守』の撮影セット
『北の桜守』の撮影セット

網走番屋
さらに進むとあったオホーツクマルク 網走番屋
ここも海産物やお土産が売ってた

暗くなってきた
まだ4時だけど暗くなってきた 昨日と同じだね

ニポポ像
ニポポ像発見 そろそろ時間なので網走バスターミナルから女満別空港へ

女満別空港
帰路へ お疲れ様でした

情報サイト
網走市の天気
網走市公式サイト
おいしいまち 網走 -網走市観光協会-
あばしりのご当地キャラ ニポネ
道の駅 流氷街道網走
網走バス あばしりフリーパス
北海道立 北方民族博物館公式サイト
オホーツク流氷館
博物館 網走監獄 公式サイト
『ゴールデンカムイ』公式サイト
モヨロ貝塚
網走番屋-Okhotsk Mark
女満別空港

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2019/05/29 09:36] - # [ 編集 ]

ページトップへ
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

ページトップへ

日帰り登山~関東お気軽散歩
プロフィール

ちーくん

Author:ちーくん
関東近郊を電車で日帰り山登りを楽しんでます。
首都圏から行ったオススメ登山スポットの記録。