日帰り登山~関東お気軽散歩

三国山 旧三国街道を歩く

三国山 旧三国街道を歩く
2016年8月16日(火) 晴れ (時間:5時間49分 ※休憩時間含む 17.4km) 群馬県・新潟県

三国トンネル湯沢側登山口(9:44)→ 三国権現(10:13)→ お花畑(10:39)→
三国山山頂(11:01)→ 三国権現(11:53)→ 三国路自然歩道 → 長岡藩士の墓(12:19)→
晶子清水(12:23)→ 三坂茶屋跡(12:28)→ 大般若塚(13:04)→ 永井宿(14:25)→
国道17号 → 赤谷湖(15:32)

三国山を登りつつ、新潟県側から群馬県側へ旧三国街道を歩いてみました。

湯沢側から
新潟県側からスタートってことで三国トンネル出てすぐのところに駐車スペースがあるので
ここまで送ってもらって準備していざ峠越えへ!

三国トンネル湯沢側登山口
三国トンネル湯沢側登山口(9:44)

ジグザグ登り
しばらくジグザグ登り

傾斜もきつくない
傾斜もきつくないし、道幅も広いので登りやすい
もう降りてくるハイカーさんがいた。さっきの駐車場にあった車の人かな?

花

先が開けた
しばらく登っていくと先が開けたぞ

中腹
三国権現(御坂三社神社)に到着(10:13) お参りして行こう
鳥居の脇に登山道がある

三国権現
まずは三国山山頂を目指して!
山頂は見えてる山の上でなく、さらに奥になります。

アキノキリンソウ
アキノキリンソウ

整備されてる
木道が整備されて歩きやすい道

群馬県側の眺め
群馬県側の眺め 風が気持ちいい

ヤマジノホトトギス
ヤマジノホトトギス

オヤマボクチ
オヤマボクチ

花

白い花がいっぱい
白い花がいっぱい咲いている

だいぶ登ってきた
だいぶ登ってきたぞ

階段
木道なので足の負担が少なくていいね

リョウブ
リョウブ

ヤマハハコ
ヤマハハコ

ヘビ
ヘビがいたので急いで撮ってみたけど、写真で見るとどこにいるか分からないや・・・

ウメバチソウ
ウメバチソウ

ホタルブクロ
ホタルブクロ

ノアザミ
ノアザミ

ノコンギク
ノコンギク

オヤマリンドウ
オヤマリンドウ

お花畑
お花畑到着(10:39) しばらく平らな道今は何も咲いてないね

新潟方面の眺め
新潟方面の眺め

オオカメノキ
お花畑があんなに下に もう神社も見えなくなった

トカゲ発見
トカゲ発見

階段
ちょっと傾斜が出てきた

景色が変わってきたぞ
景色が変わってきたぞ 斜めの木の階段

スキー場
苗場山と苗場スキー場

花

砂利道
しばらくガレ場

ずっと続く階段
ずっと続く階段

トリカブト
トリカブト

ニガイチゴ
ニガイチゴ

分岐に出たぞ
分岐に出た 左へ しばらく進むと頂上に
右に進むと大源太山でその先は去年行った平標山~仙ノ倉山

三国山山頂
三国山山頂(1,636m)到着(11:01) 幸福の鐘があるので鳴らしてみよう

頂上からの眺め
頂上からの眺め 前に行った稲包山が見えるね

頂上からの眺め
ご飯にはまだ早いしお花畑あたりで食べようかな

朝から元に戻る
そろそろ戻ろう

三国トンネル
群馬県側の三国トンネル入口のところ 新三国トンネル工事中

ヤマハハコ
ヤマハハコ

蝶

チシオシモツケ
チシオシモツケ

ハクサンボウフウ
ハクサンボウフウ

ニッコウキズゲ
ニッコウキズゲはもう実だけに

苗場山
苗場山

お昼ごはん
お花畑まで戻ってきた お昼ご飯だー

鳥居が見えた
休憩終わりまた下る、鳥居が見えた

三国権現
三国権現まで戻ってきた~(11:53)

三国峠下分岐
三国峠下分岐 群馬県側 三国路自然歩道へ

また分岐
群馬県側の三国トンネル脇の登山口へ下る道との分岐
今回はこのまま直進 大般若塚方面へ

道が広い
街道道だけあって広い

オオカメノキ
オオカメノキの実

小さい沢
小さい沢を渡っていく

ツリフネソウ
ツリフネソウ

フシグロセンノウ
フシグロセンノウ

指導標
大般若塚まで2km

長岡藩士の墓
長岡藩士の墓(12:19)

分岐
晶子清水到着(12:23) トイレ付の休憩小屋がある

クイズみたいになっている
文字が消えてクイズみたいになっている

晶子清水
法師温泉方面の分岐 真っすぐ進んで永井宿方面へ

三坂茶屋跡
三坂茶屋跡(12:28)
坂上田村麻呂の血縁関係者が営んだ茶屋跡
大きな建物があったと思われる平地が広がってた

しばらく道なりに進む
すれ違う人はいない

しばらく道なり
しばらく道なりに

きのこ
ぬめぬめしたきのこ

タマゴダケ
タマゴダケかな

ヒルが気になる
さっきのクイズみたいな看板にあったヒルが気になる

トチの実
トチの実

建物が見えた
建物が見えたぞ

休憩所到着
休憩所到着(13:04)

戊辰戦争
幕末の戊辰戦争の前哨戦、三国戦争の舞台になった所

大般若塚 妖怪のせいなのね
大般若塚 三国峠によ~出る妖怪を封じるために作られた塚

道標
永井宿方面へ

実

道路が見えた
国道17号が見えたぞ

自然歩道入口
自然歩道入口

永井宿へ
国道17号を渡って永井宿へ

永井郷土館
永井宿(14:25) 旧三国街道群馬側最奥の宿場

永井郷土館
永井宿・永井郷土館

永井宿
永井宿から、国道17号線に出る道へ

戊辰戦争の碑
「会津藩士白虎隊 町野久吉墓」 ここにも戊辰戦争の前哨戦、三国戦争の説明看板があった

大型車両の交通量多い
トラックなど大型車両の交通量多い

湖面が見えた
ちょっと赤谷湖の湖面が見えたぞ

国道17号沿いを進む
しばらく国道17号沿いを進む

猿ヶ京温泉街
猿ヶ京温泉街へ

猿ケ京関所資料館
猿ケ京関所

赤谷湖
赤谷湖 水が少ないなぁ
ぐるっと回って赤谷湖遊歩道前の駐車場まで歩いてゴール(15:32)
お疲れさまでした

情報サイト
みなかみ町天気
猿ヶ京温泉
秋の三国山トレッキング 猿ヶ京温泉
赤谷湖遊歩道
里山体験 まんてん星の湯|猿ヶ京の日帰り温泉
今に残る三国街道 - 道の駅みつまた
みなかみ町ホームページ
みなかみ町観光協会公式サイト


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

水上駅~諏訪峡~上毛高原駅

水上駅~諏訪峡~上毛高原駅
2016年8月15日(月) 曇り (時間:3時間31分 ※休憩時間含む) 群馬県

水上駅(11:41)→ みなかみ水紀行館(12:13)→ 諏訪峡遊歩道(12:20)→ 月夜野焼(13:06)→
上牧駅(13:12)→ みなかみ町カルチャーセンター(13:18)→ 上毛高原駅(14:10)→
月夜野バイパス → 名胡桃城址(14:52)

水上駅から上毛高原駅まで歩いてみました。

水上駅
水上駅到着(11:41)

水上駅前
水上駅前にある観光案内所で地図を貰っていざスタート

SL来るみたい
もう少しでSLが来るみたいで沿線でカメラ持って待ってる人たちいた

諏訪峡を目指して
まずは諏訪峡を目指して歩こう

温泉街へ
湯原橋を渡って温泉街へ 下は利根川

水上温泉街
水上温泉街を進む
古めなたたずまいのお土産さんとかおしゃれなカフェが入り乱れて面白い温泉街

人がいっぱい
温泉街を抜けて川を見るとラフティングの人たちがいっぱいいる

道の駅へ
ちょっと奥の方、人がいっぱい見えるあたりにある道の駅に寄っていこう

温泉街入口
指導標あった

みなかみ水紀行館
道の駅 みなかみ水紀行館(12:13)
休み期間中なので人いっぱい! 駐車場もいっぱい!

諏訪峡入口
国道291号沿いを歩いていくと 諏訪峡入口あった

道標

温泉街
正面に温泉街

諏訪峡遊歩道
諏訪峡遊歩道(12:20)

道標

与謝野晶子歌碑公園
与謝野晶子歌碑公園

笹笛橋
笹笛橋を渡る

笹笛橋から
ラフティングの人たちのジャンピングポイントみたい 暑いからよさそう

竜ヶ瀬
竜ヶ瀬

竜ヶ瀬
竜の蛇行を思わせる奇観

諏訪峡大橋
諏訪峡大橋からバンジージャンプやってる

ラフティング
ラフティングの人たちがいて川沿いは常ににぎやか

もみじ公園
もみじ公園

諏訪峡
諏訪峡歩いたの小学校の遠足ぶりだ

諏訪峡

紅葉の時期はいいかも
紅葉の時期はいい写真撮れそう

諏訪峡
上流からどんどんボートが流れてくる

諏訪峡

甌穴
四万に行った時あった甌穴(おうけつ)みたいなのがあった

諏訪峡

見晴
見晴到着

通行止め
見晴から先、通行止め・・・

自己責任ワープ
というわけで銚子橋までワープ

銚子橋
通行止めになってるからちょっと荒れてる

道路脇を進む
また国道291号に出た 上毛高原駅を目指そう

交通量多い

月夜野焼
月夜野焼(13:06) 陶芸体験もできる

上牧駅
上牧駅(13:12)

右に行くと温泉
右に行くと温泉がある 上牧温泉風和の湯

みなかみ町カルチャーセンター
みなかみ町カルチャーセンター(13:18)

歩道歩き

雪の積もり始め
キンシオでやってた色んな色の地名の旅で渋川から雪の積もり始めを探してて
始めはこの辺からちょっと手前だったはず・・・

雪の積もり始め

標識に上毛高原駅
標識に上毛高原駅がみえた 右折して橋を渡る

利根川
沼田方面

利根川
水上方面 谷川岳は曇ってて見えない

月夜野はーべすと
月夜野はーべすと(農産物直売所)道の駅「矢瀬親水公園」

上ってきた
だいぶ登ってきたぞ

郷土歴史資料館
郷土歴史資料館

上毛高原駅
上毛高原駅到着(14:10)

月夜野の街並み
おまけ
真田丸のおかげで整備された名胡桃城址まで行ってみよう

名胡桃城址まで行ってみよう
真田丸紀行だと徒歩40分くらいだったはず・・・

月夜野の街並み
月夜野の街並み

月夜野バイパス
月夜野バイパスを左折 沼田方面へ

月夜野バイパスを歩く

赤い電車
途中にあった赤い電車

リンゴのミラー
リンゴのミラー かわいい

名胡桃城址案内所
名胡桃城址案内所(09:00~17:00 無休)到着(14:52)

どーもくん
中に入ってみよう

名胡桃城址案内所内
甲冑 出演してる役者さんのサインが沢山飾ってあった

名胡桃城址案内所内
兜と陣羽織があって記念撮影撮れるようになってた

人来てる
資料などが展示されてる

名胡桃城址模型
模型もあった 郷土歴史資料館から持ってきたのかな?

名胡桃城址
名胡桃城址へ前来た時よりさらに整備されてる

大河効果すごい
名胡桃城址案内所の奥にある般若郭が駐車場に整備されている

名胡桃城址

名胡桃城址
二の郭

名胡桃城址

名胡桃城 本郭
名胡桃城 本郭

名胡桃城址
物見郭

沼田方面は見えないね
曇って沼田城址方面は見えないね お疲れ様でした

情報サイト
みなかみ町ホームページ
みなかみ町観光協会公式サイト
みなかみ町天気
諏訪峡 みなかみ町観光協会
名胡桃城址 みなかみ町観光協会
真田丸 紀行 No.22 群馬県みなかみ町 ~名胡桃城址~
水上温泉旅館協同組合
月夜野焼


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

尾瀬ヶ原 夏ハイキング

尾瀬ヶ原 夏ハイキング
2016年8月13日(土) 晴れ (時間:6時間36分 ※休憩時間含む) 群馬県

戸倉 → 鳩待峠(8:07)→ 山の鼻ビジターセンター(8:59)→ 牛首分岐(10:04)→ 竜宮十字路(11:20)→
ヨッピ吊橋(11:49)→ 牛首分岐(12:53)→ 山の鼻(13:26)→ 鳩待峠(14:43)→ 戸倉
料金:乗合タクシー:片道930円(戸倉 → 鳩待峠)

今年も尾瀬を歩いてみました。
夏と思ったら山の上はもう秋めいてきていました。

戸倉
8月は土日マイカー規制中なので戸倉から乗合タクシーで鳩待峠へ

鳩待峠駐車場
鳩待峠駐車場到着
今まで下車する場所は鳩待休憩所前だったけど第2駐車場が広くなってタクシー乗り場もここになったみたい。

鳩待峠
駐車場からちょっと歩くと鳩待峠休憩所へ
今まで駐車スペースだった部分は植樹されてた。

いざスタート
準備していざスタート(8:07)
今日はいい天気! 日焼け止めもバッチリ♪

歩荷さん発見
進んでくとすぐに歩荷さん発見! 荷物の数を数えてしまう

滑り止め
木道に滑り止めがついてる 春先は凍結すると危ないからいいね♪

サラシナショウマ
サラシナショウマ

骨折した場所
毎度来るだびに思い出す ずっこけてケガした場所

水芭蕉跡
水芭蕉は綺麗に食べられてた シカかな?

トリカブト
トリカブトいっぱい咲いてた

至仏山見えた
開けたとこから至仏山見えたぞ

川上川
川上川を渡って あともう少し

サワギキョウ
サワギキョウ これも有毒植物

ソバナ
ソバナ

屋根が見えてきた
ビジターセンターの屋根が見えてきた

山の鼻ビジターセンター
山の鼻ビジターセンター到着(8:59)
今回はスタンプ帳を持ってきたので中にあった記念スタンプを全部押した
センター前ライブカメラ

尾瀬ヶ原へ
尾瀬ヶ原へ

入口
お盆時期だからもっと混んでるかと思ったけどそうでもなかった まだ朝早いからかな?

燧ケ岳
正面に燧ケ岳

オゼミズギク
オゼミズギク

振り返って至仏山
振り返って至仏山

ヒツジグサ
ヒツジグサ
名前の由来は未の刻(午後2時)に花を咲かせることから

ヒツジグサ
本当にまだ咲いてない

至仏山
歩荷さんと至仏山

子カモ
子ガモか何匹もいて食事中だった カワイイ

いっぱい

きれい
池塘いっぱい黄色でキレイ

逆さ燧ケ岳ポイント
逆さ燧ケ岳ポイントから もう風が出てるからだめだね

木道

湖面
ここは逆さっぽい

牛首分岐
牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)到着(10:04)

牛首

足跡がいっぱい
足跡がいっぱい 水飲み場なのかな

尾瀬っぽい

イワアカバナ
イワアカバナ

いつもの撮影ポイント
いつもの撮影ポイントへ

水が少ない
水が少ないなぁ

パノラマ

先へ

水いっぱい
ここは他より水がいっぱい

魚
流れる小川をよく見るとイワナがいる

燧ケ岳

木道脇
木道脇を見ると

サワギキョウ
サワギキョウ

キンコウカ
キンコウカ

燧ケ岳

シオカラトンボ
シオカラトンボ

竜宮小屋
竜宮小屋が見えたぞ

竜宮十字路
竜宮十字路 今回はヨッピ吊橋・東電小屋方面へ

リンドウ
リンドウ

真っすぐ進む木道

至仏山
この位置から見る至仏山もいいね

茂ってる葉っぱの種類が違う

ヨッピ吊橋分岐
ヨッピ吊橋分岐 ここでちょっと休憩
このまま右に進めば東電小屋

ヨッピ吊橋
ヨッピ吊橋

オトギリソウ
オトギリソウ

イワショウブ
イワショウブ

牛首方面へ
牛首方面へ

ヒツジグサ

ヒツジグサ
12時過ぎたくらいだけどほんとに咲き始めてる

アブラガヤ
今の時期の木道脇は茶色の穂のアブラガヤが多い

トリカブト
トリカブト

動物が歩いた跡
動物が歩いた跡っぽい 遠くで鹿の鳴き声も聞こえた

白樺が1本
白樺が1本だけ
絵になりそうな感じだけどどう撮ればいい絵になるかな?

パノラマ

隠れてた鳥
隠れてた鳥

牛首分岐
牛首分岐まで戻ってきたぞ(12:53)

モウセンゴケ
モウセンゴケ

川の中にも草が

ヒツジグサ
行きの時は咲いてなかったけどヒツジグサが満開

ヒツジグサ
キレイだ~

花

山の鼻
山の鼻到着(13:26)

花豆ソフトクリーム
名物 花豆ソフトクリームを食べる
暑いからちょうどいいね おいしい~♪

岩ツバメ
岩ツバメ 

戻ろう
来た道を戻ります

予定どうり
だいたい予定どうりの時間で行ってこれた

鳩待峠
戻って来たー

帰りのチケット購入
鳩待峠到着(14:43)
帰りのタクシーチケットを購入

駐車場から戸倉へ
駐車場から戸倉へ お疲れ様でした

情報サイト
尾瀬の天気
燧ヶ岳の天気
至仏山の天気
片品村の天気
尾瀬保護財団
尾瀬沼ビジターセンターfacebook
群馬県片品村
片品村観光協会公式サイト
片品村観光協会公式ブログ
群馬県 尾瀬情報
尾瀬へのアクセス方法
上越新幹線 上毛高原駅・上越線 沼田駅から戸倉へ行く場合
高速バス 新宿駅新南口・川越駅西口~尾瀬戸倉・大清水行き
尾瀬日帰り温泉「戸倉の湯」尾瀬ぷらり館
群馬県片品村「花咲の湯」
尾瀬へようこそ 尾瀬山小屋などの総合情報サイト
長蔵小屋の公式ホームページ
大清水~一ノ瀬間 低公害車両乗合運行
尾瀬ガイド協会

尾瀬を歩いた記録
尾瀬~鳩待峠から大清水(2013年6月)
尾瀬 鳩待峠~尾瀬ヶ原~至仏山(2013年8月)
尾瀬ヶ原ハイキング(2014年5月)
尾瀬紅葉ハイキング 鳩待峠から大清水(2014年10月)
鳩待峠~尾瀬ヶ原~三条の滝(2015年6月)
尾瀬沼一周~小淵沢田代(2015年10月)
百名山 燧ケ岳登山(2015年10月)


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

日帰り登山~関東お気軽散歩
プロフィール

ちーくん

Author:ちーくん
関東近郊を電車で日帰り山登りを楽しんでます。
首都圏から行ったオススメ登山スポットの記録。

SNS

lineスタンプ発売中