日帰り登山~関東お気軽散歩

外秩父七峰縦走ハイキング大会 2016

外秩父七峰縦走ハイキング大会 2016
2016年4月24日(日) 曇りのち雨のち晴れ (時間:10時間3分 42.8km) 埼玉県

小川町駅(7:15)→ 小川町役場・スタート地点(7:19)→ 石尊山(8:18)→ 官ノ倉山CP(8:27)→
東秩父村和紙の里(9:02)→ 萩平丁字路(10:10)→ 笠山CP(11:18)→ 笠山峠(11:34)→
堂平山CP(11:55)→ 剣ケ峰CP(12:11)→ 白石峠(12:23)→ 定峰峠(13:04) →
旧定峰峠(13:31)→ 大霧山CP(13:58)→ 粥仁田峠(14:20)→ 彩の国ふれあい牧場(14:34) →
二本木峠(14:58)→ 皇鈴山CP(15:16)→ 登谷山(15:36)→ 登谷山CP(15:43)→
寄居給水所(15:55)→ 鉢形城公園内ゴール(17:25)→ 寄居駅(17:46)

今年も東武鉄道主催の外秩父七峰縦走ハイキング大会に参加してみました。
>> 外秩父七峰縦走ハイキング大会コースはこちら
>> 2014大会の様子はこちら
>> 2015大会の様子はこちら
>> 2017大会の様子はこちら

距離は約42km、途中チェックポイントがあり制限時間が設定されています。
途中で下山して無理せず2年かけて完歩する事もできます。
3回目という事もあり確実に完歩できるよう今回は途中にある迂回路を全部使ったらどうか
試しながら歩いてみました。
歩き方は去年詳しく書いたのでこちら

小川町駅
始発に乗って小川町駅到着(7:15)
駅前が受付じゃなくなったので小川町役場へ移動

小川町役場
小川町役場到着(7:19)
受付開始は6:30から、時間がたってるので並ばずに受付完了。
今年はそのまま進むAルートから、去年行ったBルートは受付後に東武竹沢駅に移動してスタートします。
Bルートはクサリ場を通らないコースで2km短いコースになります。(去年行った様子はこちら)

早歩きで進む
途中にあるクサリ場あたりの大渋滞で休めるので広い舗道は早歩きで進んで行こう
(走るのは禁止されています。)

八幡神社
八幡神社

A9地点
地図のA9地点 トイレポイント ここを過ぎるとだんだん山道へ

歓迎ゲート
歓迎ゲートでてる

不動の滝
不動の滝

官ノ倉山の鎖場
官ノ倉山のクサリ場到着 あれ? 渋滞していない スタートから時間たってるからかな?

しばらく登り
しばらく登りが続く

石尊山
石尊山(344.2m) 到着(8:18)

霧がすごい
霧がすごいなぁ
途中頂上にいく道があるけどコースでは官ノ倉山山頂は通らない。

官ノ倉山チェックポイント
Bルートとの合流地点
官ノ倉山チェックポイント到着(8:27) スタートから5.1km地点 受付制限時間(7:00~11:30)

自然と渋滞に
くだり途中に道が細く滑る急斜面がありここは毎回自然と渋滞になる。
水分補給しながら気長に進もう。

下山完了
列のまま下山完了

道路脇を進む
和紙の里を目指して道路脇を進む 3.7km

雨降りそうな
雨降りそうな天気 よくならないかなぁ

看板見えた
舗道は早歩きで進む 去年も撮った看板

東秩父村「和紙の里」
東秩父村「和紙の里」到着(9:02)

出店
出店でてる トイレは外と建物の中にある。今年もちょくちょく水分休憩して進む作戦でいこう。

わしのん
ゆるキャラいなかったので建物の中にあったわしのちゃん

今年もいっぱい
今年もいっぱい花付けてる前回の表紙に使った花桃

舗道歩き
またしばらく舗道歩き5.9km 道幅は広いのでどんどん進もう

開けたとこ
途中開けたとこから

アップダウン
アップダウンがある道

本コースと第2コースの分岐
B9地点の分岐 いつもは林道コースから行ってたけど今回は直進して舗装道路を進む

舗道歩き
道が広いので渋滞気にせず楽ちん

萩平へ
山道ぬけて萩平

萩平丁字路
萩平丁字路を左へ(10:10) 右に進んだとこにトイレがある。

笠山登山口
笠山登山口分岐、ここも直進して舗装道路を進む

舗道歩き
舗道歩き

林道使った方がいい
本コースだと道にでるところが坂になっててかなり渋滞する。
笠山登山口の分岐からは距離はちょっとだけ長くなるけど時間ロスしないので全部舗装道路を使った方がいい。

渋滞しない
すべて迂回する道で進む 渋滞しないのでストレスフリー

本コースと合流
笠山登山口で本コースと合流 細い山道へ

登りはずっと渋滞
登りはずっと渋滞 ここらで歩き休みしながら体力回復

雲の中
雲の中か 霧でちょっと雨粒が・・・

笠山チェックポイント
笠山チェックポイント到着(10:04) スタートから16.7km地点 受付制限時間(10:00~15:30)

雨粒が多く
雨粒が多くなってきた

笠山峠
笠山峠(11:34)

がすってる
晴れてれば右側にドーム見えるはずだけど・・・

坂をあれば
坂をあれば・・・

堂平天文台
堂平天文台「星と緑の創造センター」 堂平観測所ドーム

堂平山チェックポイント
堂平山チェックポイント到着(11:55) スタートから18.4km地点 受付制限時間(10:15~15:00)
今年はゆるキャラいない

堂平山山頂
堂平山山頂(876m)へ

山頂からの眺め
山頂からの眺め ガスってます

お昼休憩
お昼休憩 出店で売ってたあんこ餅で体力回復

ちょっと下ってすぐに
堂平山からちょっと下っていくとすぐに・・・

剣ケ峰チェックポイント
鉄塔が見えた 剣ケ峰登り口のところにチェックポイント
剣ケ峰チェックポイント到着(12:11) スタートから19.3km地点 受付制限時間(10:30~15:20)

急な登り
ここから急な登り

剣ケ峰越えて
剣ケ峰越えて下っていくと

白石峠
白石峠(12:23) ほぼ中間地点

時間も順調
時間も順調! 体力的にもまだまだ平気そうだ

杉林
杉林を通過

定峰峠見えた
定峰峠が見えた

定峰峠
定峰峠到着(13:04)
ちょっと休憩 売店、自動販売機、トイレがある。

覚悟をきめて
すぐに急な登りがあるので覚悟をきめて

急坂登り
いざ急坂登り

開けたとこ
こんな開けたとこあったっけ?

後半はスムーズ
後半はスムーズ

旧定峰峠
旧定峰峠(13:31)

天気よくなってきた
天気もよくなってきた

手前で渋滞
大霧山手前で渋滞に

山頂までもうちょい
山頂までもうちょいだ~

大霧山チェックポイント
大霧山(766.6m)山頂(13:58) 今年は晴れてるー
大霧山チェックポイント到着 スタートから25.4km地点 受付制限時間(10:15~15:30)

のこり2山
あと2山だ

粥仁田峠
粥仁田(かゆにた)峠(14:20)

しばらく舗道歩き
またしばらく舗道歩き

開けてる

牧場見えてきた
牧場見えてきた ソフトクリーム食べたい~

秩父高原牧場
秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)到着(14:34)
ソフトクリーム凄い並んでる・・・

牛
あきらめてうしくんでも

牛
いっぱいいる

羊
羊も

満開
満開だ

庭石っぽい
庭石っぽい羊

歩いてきた山々
歩いてきた山々

二本木峠
二本木峠(14:58)

桜

皇鈴山登り口
皇鈴山登り口

皇鈴山チェックポイント到着
皇鈴山チェックポイント到着(15:16) スタートから31.1km地点 受付制限時間(10:25~16:30)

皇鈴山チェックポイント
皇鈴山(679m)山頂

あと1山
あと1山!

開けたとこから
開けたとこから

登谷山見えた

登谷山
登谷山(とやさん)登り口 

もうすぐ山頂
もうすぐ山頂

登谷山山頂
登谷山山頂(668m)到着(15:36)

寄居方面
寄居方面

登谷山チェックポイント
登谷山チェックポイント到着(15:43) スタートから32.3km地点 受付制限時間(10:50~16:50)
残り約10km あとはゴールを目指すだけ無理せずいこう!

給水所へ
給水所に寄っていこう

寄居給水所
寄居給水所到着(15:55)
日本名水百選にも選ばれてる寄居町日本水(やまとみず)で体力回復!

中間平展望台からの眺め
中間平展望台からの眺め

ずっと下り
ずっと下り

あと4.7km
鉢形城(はちがたじょう)跡まであと4.7km

直線
毎度長く感じる直線

踏切手前を左に
踏切手前を左にまがって

鉢形城公園
鉢形城公園へ

もうすぐだー
もうすぐだー

もうすぐ
ゴール!!(17:25) やった~!!

ゴール
今まででよりタイム縮んだ~

ゴール地点の様子

完歩証明書
今年も完歩証明書と完歩賞の帽子を貰いました。

寄居駅
寄居駅到着(17:46) お疲れ様でした。

情報サイト
外秩父七峰縦走ハイキングコース・大会案内
小川町の天気
小川町公式ウェブサイト
ときがわ町の天気
ときがわ町公式ホームページ
東秩父村の天気
東秩父村役場ホームページ
寄居町の天気
寄居町公式ホームページ
東秩父村和紙の里
堂平天文台「星と緑の創造センター」
秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)
おがわ温泉 花和楽の湯


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

奥久慈男体山 茨城山歩き 後編

奥久慈男体山 茨城山歩き 後編
2016年4月9日(土) 晴れ (時間:6時間33分 18.1km) 茨城県

袋田駅(10:41) → 袋田の滝トンネル(11:21) → 観瀑台 → 吊り橋 →
袋田自然研究路入口(月居山方面階段)(11:45) → 生瀬滝(11:53) → 月居観音堂(12:15) →
月居山山頂・月居城跡(12:27) → 第1展望台(鍋転山422.7m)(12:56) → 第2展望台(13:06) →
奥久慈男体山山頂(14:40-15:00) → 大円地越(15:21) → 大円地(15:52) → 弘法堂(16:16) →
湯沢(16:56) → 西金駅(17:14)

後半は男体山へ行ってみよう
前半はこちら(奥久慈男体山 茨城山歩き 前編)

水根 男体山
月居山から下り進んでいくと水根・男体山分岐

進んでく
登って降りて進んで行くと 声が聞こえる

第1展望台
第1展望台(鍋転山422.7m)到着(12:56)

第1展望台からの眺め
第1展望台からの眺め

下ってまた登る
下ってまた登るを繰り返し進んで行くと

第2展望台
第2展望台(13:06)

第2展望台からの眺め
第2展望台からの眺め

パノラマ

水根・男体山分岐
また水根・男体山分岐

穴あけすぎ
穴あけすぎ

ゆるやかな山道
しばらく道なり ゆるやかな山道

道なり

開けたとこから
開けたとこから

まだまた先に
山は見えるけど まだまだ先は長い

指導標
指導標あった時間が書いてある、あと1時間30分
まだ結構ある丁度半分くらいか~

かなちょろ
かなちょろ発見!

休憩
開けたとこにでたぞ

ゆるやかなアップダウン
ゆるやかなアップダウンが続く

また指導標
また指導標 あと40分

ちょっと休憩
よさそうなベンチがあったので休憩

あたたかい

奥に見えるのがそうかな
奥に見えるのがそうかな

右に巻いてく
右から巻いてく感じ

さらに裏の山か~
正面に見えてた山かと思ったら頂上アンテナある山だからさらに裏に見える山か~

鼻歌歌いながら
巻いてきます

なかなか近づかない
なかなか近づかないなぁ

イワウチワ
イワウチワ

山を越えて
見えてた山を越えて

東屋
東屋が見えた

健脚コース
健脚コースに降りる場合こっちから

もうすぐ頂上
もうすぐ頂上だー

茨城百景の碑
茨城百景の碑

奥久慈男体山山頂
奥久慈男体山山頂(654m)到着(14:40-15:00)

山頂からの眺め
山頂からの眺め

景色がいい
周りに高い山がないから景色がいいねー

集落も小さく

パノラマ

祠
山頂にある祠

祠の裏から
祠の裏からの眺め

風が強い
風が強い

下山は一般コース
下山は一般コースから

スカイツリーと同じ高さ
少し降りた所に途中にあったスカイツリーと同じ高さ
群馬の嵩山の時もあったけど場所が違えばこんなに違う

崖

分岐
分岐 大円地越方面へ

景色
景色がいいいね

景色

右に下る
しばらく尾根道を進んで右に下る

花

大円地越
大円地越(15:21)

大円地方面
大円地方面へ

下ってく
下ってく

こぶだらけ
こぶだらけ

花

花

たくさん支えてる
たくさん支えてる

山道も終わり
山道も終わりかな

健脚コースの分岐
健脚コースの分岐

民家が見えた
民家が見えた

大円地
大円地到着(15:52)

ちょっと振り返って
ちょっと振り返って険しそうな男体山

トイレポイント
途中トイレポイント

トンネル脇を上っていく
トンネル脇を上っていく

登山口
登山口 右上に商店があって自動販売機がある

弘法堂分岐を進む
弘法堂分岐を進む

弘法堂
弘法堂のとこにある展望台に登ってみよう(16:16)

展望台
展望台からの眺め

色鮮やか
色鮮やか

道なり
道なりに進む

ゾウ類足跡化石
ゾウ類足跡化石

明治神宮うるしの森
なんか石碑がある

明治神宮うるしの森
ちょっとズーム 明治神宮うるしの森
茨城県はうるし産出 全国第2位

湯沢
湯沢(16:56)

標識
標識見えた

もうすぐ
駅までもうすぐ

西金駅
西金駅到着(17:14) お疲れ様でした

情報サイト
大子町の天気
袋田の滝 大子町観光協会
男体山 | 大子町観光協会
袋田の滝(久慈郡大子町)観光いばらき 大子町公式ホームページ
大子町観光協会
観光いばらき


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

袋田の滝~月居山 茨城山歩き 前編

袋田の滝~月居山 茨城山歩き 前編
2016年4月9日(土) 晴れ (時間:6時間33分 18.1km) 茨城県

袋田駅(10:41) → 袋田の滝トンネル(11:21) → 観瀑台 → 吊り橋 →
袋田自然研究路入口(月居山方面階段)(11:45) → 生瀬滝(11:53) → 月居観音堂(12:15) →
月居山山頂・月居城跡(12:27) → 第1展望台(鍋転山422.7m)(12:56) → 第2展望台(13:06) →
奥久慈男体山山頂(14:40-15:00) → 大円地越(15:21) → 大円地(15:52) → 弘法堂(16:16) →
湯沢(16:56) → 西金駅(17:14)

青春18きっぷの旅 ついに5回目!
南(外房めぐり 烏場山・花嫁街道へ)東(銚子一周と鹿島神宮散策)
西(富士山と桜と城と静岡・三島・小田原三都巡り)
ときて残すは北! 日帰りできそうな遠くの山はどこだろうってことで、茨城県へ行ってみました。

水戸駅南口
18きっぷ乗り降り自由、水郡線の乗り換えまで時間があるのでちょっと水戸駅周辺を散策

納豆像
水戸駅南口 水戸といえばやっぱり納豆

桜川
駅でて真っ直ぐ進むと桜川

桜満開
桜満開 いい時期にこれた~♪

水戸黄門像
反対側水戸駅北口 水戸黄門像

水郡線
発車時刻が来たので水郡線に乗っていざ袋田駅へ

袋田駅
1時間ちょっと乗って袋田駅到着(10:31)

スタート
準備をしていざスタート(10:41)
まずは日本三名瀑のひとつ袋田の滝へ あと2つは栃木の華厳滝と和歌山の那智滝

久慈川
久慈川 しばらく舗道歩き
駅から指導標がでてるので迷う事はなかった

道路標識
すこし登っていって右へ
道路標識に郡山の文字が! 思えば遠くに来たもんだ

交差点を渡る
交差点を渡って直進

いい天気
暖かくて いい天気

桜
満開だー

袋田の滝の文字
標識に袋田の滝の文字が

左へ
左へ

川
正面に右(電信柱の奥)が月居山

桜

月居山かな
桜と月居山

こいのぼり
いっぱい泳いでる

桜と合う
桜と合うね

桜

桜とこいのぼり

鮎のぼり
大きいのは鮎のぼり 久慈川といえばアユで有名

パノラマ

お土産屋さん通り
お土産屋さん通りを抜ける アユの塩焼きも売ってた

花壇
階段にできた花壇

入口到着
袋田の滝入口到着(11:21) 入場料300円払って中へ

観瀑トンネル
観瀑トンネルを進む

ぬけると
トンネルをぬけると・・・

袋田の滝
滝だ! 高さ120メートル、幅73メートル

すごい迫力
すごい迫力

観瀑台からの眺め
観瀑台からの眺め

たき丸
袋田の滝キャラクター『たき丸』

新観瀑台からの眺め
エレベーターに乗って新観瀑台へ 滝の全景が見れる

上段
上段部分

中段
中段部分

パノラマ

吊り橋あたり
降りてきて吊り橋あたりから 場所によって感じが変わるね

久慈川に
滝の水は流れて久慈川に

吊り橋

急な階段
袋田自然研究路入口(月居山方面階段)(11:45)
急な階段を登って 月居山ハイキングコースへ

お土産屋さんも小さく
だいぶ上がってきたぞ 来る時通ったお土産屋さんも小さく

新観瀑台も
さっきいた新観瀑台も

生瀬滝展望台からの眺め
途中、滝の奥へいける道を進んでいくと生瀬滝(11:53)
生瀬滝展望台からの眺め

道を戻ってまた登り
また道を戻って階段を登ってく

滝の反対側 福島
開けたとこから滝の反対側が見えた もうちょい行けば福島か~

生瀬富士
さらに登ってきたぞ~ 見えるのは生瀬富士

鳴いてた鳥
鳴いてた鳥

月居観音堂
月居観音堂(12:15)

月居観音堂からの眺め
月居観音堂からの眺め

分岐
分岐点 左を登って行く

カタクリ
道脇にカタクリがいっぱい

カタクリ群生
群生してる

アズマイチゲ
アズマイチゲ

ニリンソウ
ニリンソウも

月居城跡
登ると月居城跡(12:27)

月居山山頂
さらにちょっと左奥に行くとさらに一段高くなっていて 月居山山頂(404m)

休憩
ちょっと休憩して 男体山方面へ下る

久慈男体山へ
下っていくと分岐 男体山コースへ

後半へ続く(奥久慈男体山 茨城山歩き 後編)

情報サイト
大子町の天気
袋田の滝 大子町観光協会
男体山 | 大子町観光協会
袋田の滝(久慈郡大子町)観光いばらき 大子町公式ホームページ
大子町観光協会
観光いばらき


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

高川山~九鬼山 リニア実験線山歩き 後編

高川山~九鬼山 リニア実験線山歩き 後編
2016年4月3日(日) 雨のち曇り (時間:7時間27分 21.7km) 山梨県

初狩駅(7:56) → 高川山登山口分岐(8:16) → 沢コース(玉子石コース) → 女坂合流(8:39) →
高川山山頂(8:59-9:15) → 禾生駅コース分岐(9:20) → 古宿コース →
山梨県立リニア見学センター(10:14-51) → 禾生駅(11:07) → 落合橋(11:18) → コース分岐(11:21) →
杉山新道入口(11:24) → 弥生峠(12:19) → 富士見平(12:44) → 九鬼山山頂(12:46-13:12) →
紺屋の休場(13:42) → 札金峠・田野倉駅方面分岐(13:56) → 林道 → 田野倉駅(14:43) →
富士みち → 大月駅(15:23)

後半は、九鬼山へ登ってみよう
前編はこちら(高川山~九鬼山 リニア実験線山歩き 前編)

禾生駅からスタート
禾生(かせい)駅からスタート 駅から直進して最初の交差点を左折
「とるし」って勝手に呼んでたけど都留(つる)市だった・・・

桜
国道139号を進む 桜がきれい

古い橋
途中から水の音が聞こえ桂川沿いを進む 風情があってイイ感じのレンガ橋 絵になるね~

落合橋
落合橋を渡って道標に従ってすぐに右へ(11:18)

レンガ橋
さっきのレンガ橋をくぐって登っていく

コース分岐
馬頭観音があるところでコース分岐(11:21)
左は愛宕神社経由 今回は右の杉山新道から行ってみよう

落合水道橋
レンガ橋は水路橋だったのか 川の上を川が流れてるって変な感じ

杉山新道入口
杉山新道入口到着(11:24) がんばってこー

まっすぐ
沢を渡って進んで行くと・・・

1号路・2号路分岐
1号路・2号路分岐
指導標がちょっと朽ち果ててる・・・2号路を見ると入口から道が荒れてる・・・
道がしっかりしてる1号路から行こう そのまま直進

しばらくまっすぐ
途中からじぐざく登りに

ダンコウバイ
ダンコウバイ

花
いろんな花咲いてた

町が小さく
だいぶ上がってきたぞ

天然のアトラクション
天然のアトラクション

晴れないかな?
このまま晴れていってくれればいいのだけれど・・・

もくもくと
もくもくと登る

すれ違う登山者いない
すれ違う登山者はいなかった 天気悪かったし

花

もうすぐ尾根道
上が開けてる もうすぐ尾根道だ

弥生峠
弥生峠(12:19)

尾根道歩き
しばらく尾根道歩き

尾根道
小ピークを登っては降りを繰り返す 下で見た感じ山頂は一番端だったもんなぁ~

ヤマザクラ
ヤマザクラかな

尾根道
途中開けてた場所がいくつかあった 晴れてたら富士山見ながら登って行く感じだね~おしい

尾根道

高川山
開けたとこから 高川山は雲とれたみたい

久美山
久美山(12:40)

尾根道
ちょっと開けたところがあると富士山を期待して撮ってしまうけど・・・

尾根道
お腹減ってきた 山頂はまだかなぁ

富士見平
富士見平(12:44)
奥が富士吉田市 見えてたら左端からさらに左のフレーム外あたりになるのかな

もう少し
あともう少し

九鬼山山頂
九鬼山山頂(970m)到着(12:46)

三角点
三角点

強風
地図見ると反対側は行った大菩薩嶺かな
行った時の様子はこちら(大菩薩嶺へ 日帰り百名山)

山頂からの眺め
山頂からの眺め 風が強い~ちょっと寒くなってきた

山頂からの眺め2
暖かいもの食べて体力回復! 下山します
すぐにやせ尾根で左右崖! ずっこけて危なかった

下山
しばらく尾根道歩き

開けたとこから
開けたとこから

なぞ
謎の植物

馬立山方面へ
分岐 左の馬立山方面へ下る

猿橋駅方面に下るルート
右側は猿橋駅方面に下るルート

山腹を巻いてく感じ
山腹を巻いてく感じで

一気に下る
登りと違い一気に下っていく

紺屋の休場
開けたところにでたぞ 紺屋の休場(13:42)

眺め
休場となってるし、ちょっと休んで水分補給

鉄塔
謎の鉄塔

休憩
こっちから来た場合も富士山見ながら登って行く感じだね

振り返って
振り返ってずいぶん下ってきた

鳥
鳴いてた鳥

札金峠・田野倉駅方面分岐
札金峠・田野倉駅方面分岐(13:56)
直進すると馬立山方面

下っていくと
下っていくと

林道
林道にでたぞ 沢沿いを進む

桜
帰り道は桜いっぱい

里に下りてきた
里に下りてきた リニアの実験線がよく見える
これで大月桃太郎伝説の桃(百蔵山)と猿(猿橋)・鳥(鳥沢)・鬼(九鬼山)を巡った、
残ってる犬は上野原市・犬目

桜
ちょうどいい時期

桜

桜

田野倉駅
富士急富士急行線 田野倉駅到着(14:43)

電車と桜
ちょうど電車と桜

つくし
つくしもでてる

春
春って感じだね

富士みち
また国道139号(富士みち)を進んでいく 大月市にin~

甲州街道
甲州街道と合流

大月市役所
大月市役所

大月の市街地
大月の市街地を進んでいくと

大月駅
大月駅到着(15:23) お疲れ様でした

情報サイト
大月市 天気
都留市 天気
九鬼山
都留市役所
都留市観光協会
大月市
大月市観光


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

日帰り登山~関東お気軽散歩
プロフィール

ちーくん

Author:ちーくん
関東近郊を電車で日帰り山登りを楽しんでます。
首都圏から行ったオススメ登山スポットの記録。

SNS

lineスタンプ発売中