日帰り登山~関東お気軽散歩

高尾山~陣馬山 稲荷山コースから往復

高尾山~陣馬山 稲荷山コースから往復
2015年10月12日(月)晴れ(時間:8時間 29km) 東京都・神奈川県

高尾山口駅(7:12)→ 稲荷山コース → 高尾山(8:10)→ 小仏城山(8:48)→ 小仏峠(9:02)→
景信山(9:28) → 陣馬山(10:52)→ 景信山(12:43)→ 小仏城山(13:30)→ 高尾山(14:10)→
1号路( 表参道コース ) → 高尾山口駅(15:12)

靴を新調したので履きならそうと高尾山~陣馬山往復してみました。
というわけで高尾山~陣馬山間は距離、山道、木道、階段、舗道とそろってて試し歩きにはもってこいの場所!

高尾山口駅
高尾山口駅(7:12) 杉材を使用したオシャレな駅舎 トイレも綺麗になってた

まっすぐ進んで
今回はいつもの1号路・表参道コースじゃなくて・・・まっすぐ進んで

稲荷山コース
ケーブルカー駅のすぐ横にある稲荷山コース( 見晴らし尾根コース ) から

階段
しばらく階段

山道
すぐに山道 広いし傾斜もそんなにきつくない

展望台
展望台が見えてきた

展望台からの眺め
展望台からの眺め 八王子市の街並み
今日はもやってるけど、展望いいと筑波山も見えるみたい

人多い
手ごろな山だけあって人が多い

長い階段
山頂手前に急な長い階段を登ると・・・

高尾山
高尾山山頂到着(8:10)

富士山
昨日、ニュースで言ってた今年初雪観測の富士山がくっきり

丹沢山
正面は丹沢山だね

ねこ
猫背ハイカーさん発見 日向ぼっこしながら毛づくろい中

初ずっこけ
紅葉と雪富士の写真撮ろうとして、新靴でさっそく初ずっこけをやらかす!

木道
しばらく木道歩き 色んな道の感じを試せて、ここは試し履きには最適だね

一丁平園地
一丁平園地

花

一丁平園地展望台
階段登って一丁平園地展望台からも富士山が

色づき始め
紅葉は色づき始めた感じ ピークは11月入ってからかな

花2

大垂水への分岐
大垂水への分岐 左に行くと南高尾丘陵 行った時の様子

小仏城山
小仏城山(670m)(8:48) 今回もアマチュア無線してる人がいた

霞んできた
もう遠くは霞んできてる

富士山と津久井湖
途中 木々の切れ目から富士山と津久井湖

明治天皇小佛峠御小休所阯及御野立所
「明治天皇小佛峠御小休所阯及御野立所」の碑
帰りに地図売ってる人達がいた。なんとなくRPGみたいだ

小仏峠
小仏峠(9:02)

花3

もうすぐ景信山
開けたとこ もうすぐ景信山かな

アサギマダラ
景信山手前でアサギマダラ発見!

アサギマダラ2

アサギマダラ3

景信茶屋
景信山の景信茶屋

景信山
ちょっと進んで景信山山頂(727m)(9:28)

景信山山頂からの眺め
山頂からの眺め

花4

まっすぐな道

まき道
靴慣らしに来てるんだし、まき道を使わずに登っていこう!

紅葉

明王峠の茶屋
明王峠の茶屋が開いてる

あと0.1km
あと0.1kmだ

見えてきた
モニュメント見えてきた

陣馬山モニュメント
陣馬山山頂到着(10:52)

陣馬山山頂から2
ちょっと早いけどお昼ご飯~♪ 腹減った~

陣馬山山頂から3

陣馬山山頂から4

陣馬山山頂から5
お腹いっぱい お昼休憩したので戻ろうっと

紅葉
こいつは真っ赤だ

紅葉2
透かして撮ってみる

明王峠
明王峠 人増えてる相模湖方面から来たのかな?

花5

景信山
景信山まで戻ってきた(12:43)

景信山からの眺め
景信山からの眺め 行きよりはっきり

にぎやか
山頂はにぎやか

パノラマ

階段
靴紐締めすぎて足首が痛くなってくる いかんいかん

小仏城山
小仏城山(13:30)  ちょっと休んで靴紐緩めて回復

一丁平園地
一丁平園地

分岐
分岐 このまま直進、高尾山山頂へ 歩き疲れた足に効く・・・

高尾山山頂
高尾山山頂まで戻ってきた(14:10)
行きの時とは違い人いっぱい!!
富士山はもう霞んでた、やはり朝だけぽい

1号路表参道コース
帰り道は1号路表参道コースから
途中、道にまであふれたケ―ブルカーの行列があった。
スタッフが「今からだと40分待ちです」と案内してた。すごい~

戻ってきた
戻ってきました

高尾山口駅
高尾山口駅到着(15:12) お疲れ様でした

情報サイト
高尾山の天気
陣馬山の天気
八王子市の天気
高尾山公式ページ:高尾登山電鉄
山ほど遊べるTAKAO
高尾ビジターセンター
高尾山薬王院公式ホームページ
高尾山ナビ
稲荷山コース( 見晴らし尾根コース )


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

巻機山 一足先に秋を求めて百名山 後編

巻機山 一足先に秋を求めて百名山 後編
2015年9月22日(火) 晴れ (時間:10時間33分 13km) 新潟県

桜坂駐車場(5:38)→ 四合目(6:11)→ 五合目(6:36)→ 六合目(7:14)→ 七合目(8:09)→
八合目(8:56)→ ニセ巻山(九合目)(9:37)→ 避難小屋(9:49)→
御機屋(割引岳・牛ヶ岳 分岐)(10:18)→ 割引岳(10:56)→ 御機屋(12:02)→
巻機山山頂(ケルンの場所) (12:16)→ 群馬新潟県境(12:22)→ 御機屋(12:52)→ 避難小屋 →
ニセ巻山(13:16)→ 八合目(13:42)→ 七合目(14:02)→ 六合目 → 五合目(15:15)→
四合目(15:35) → 桜坂駐車場(16:11)

前半はこちら(巻機山 一足先に秋を求めて百名山 前編)

割引岳山頂眺め
ご飯を食べながら 割引岳山頂からの眺め

越後山脈
エメラルドグリーンで綺麗 休憩した避難小屋はどこだ?

ちょっとズーム
ちょっとズーム 見えました

いい天気
う~んいい天気!! 随分と登ってきたもんだ♪

天狗岩
天狗岩

南魚沼市
田んぼいっぱだ!

舞子スキー場
ここからだと正面に見える舞子スキー場がある飯士山

南魚沼市の街並み
南魚沼市の街並み

チョウ
山頂でよく会うキアゲハ、なんでだろうと調べたらオスの占有行動のためやってくるらしい
キアゲハ同士並んで飛んでたのは戯れてたわけじゃなくて縄張り争いだったのか・・・

越後三山
越後三山(八海山、越後駒ヶ岳、中ノ岳)

八海山
ギザギザ 険しそうだ

戻ろう
お昼ご飯も食べたし戻ろう

牛ヶ岳
反対側の牛ヶ岳方面へ♪

綺麗な絨毯
ちょっと振り返って 草黄葉の綺麗な絨毯

花1

花2
色が濃いな

花3

戻り道
戻り道も日が当たってきれいだ

花4
こっちは群生してる

花5

真っ赤
日が当たってさらに真っ赤に

戻ってきた
御機屋に戻ってきたぞ(12:02)  今度は反対側、牛ヶ岳方面へ

パノラマ
割引岳より牛ヶ岳方面に来る人が多いなぁ

方面へ
途中大、小いろんなサイズの池塘があった

笑顔
にっこり笑顔な池塘

巻機山山頂
これが本当の巻機山山頂(ケルンの場所1967m) (12:16)

越後山脈
越後山脈

池塘
あんなとこにも池塘がある

パノラマ2

奥利根湖
群馬県と新潟の県境(12:22)
朝日岳方面縦走路、縦走路入口の道標がある
手前に見えるのは奥利根湖、正面は武尊山 正面奥が皇海山、右奥が赤城山、左奥が日光白根山かな

燧ケ岳
右奥に見えるのは燧ケ岳

引き返す
手前にベンチがあるのでちょっと休憩 引き返す

正面に避難小屋
正面に小さく避難小屋が見える

下山あるのみ
御機屋に戻ってきました(12:52) 後は下山あるのみ

いい景色
まだ足のほうは大丈夫そうだ

重なり具合
重なり具合が綺麗

ふり返って
ふり返って

九合目
ニセ巻機山(九合目)(13:16)

模様
オーストラリアか、大きな肉球みたいな模様 正面奥は至仏山 さらに奥が日光白根山

山肌
日の当たり方によって山肌の感じ変わってくるねー

だいぶ下ってきた
だいぶ下ってきたぞい 六合目展望台から 朝とは感じが違うね

五合目
五合目(15:15) 到着 ちょっと休憩
ここから井戸ノ壁と呼ばれる標高差200メートルの下山

下りが長い
こんなに歩いてきたんだっけ・・・?と思うほど下りが長く感じる・・・

虫の卵
葉っぱの上に実ができるなんで珍しい! なんかの実かと後で調べたら・・・
虫の卵らしい なんてこったいΣ( ̄□ ̄;)

登山口
尾根コース登山口の出た いやー行ってきた行ってきた

戻ってきた
桜坂駐車場が見えた 戻ってきたぞー!!(16:11) お疲れ様でした

情報サイト
巻機山の天気
南魚沼市公式ウェブサイト
南魚沼市観光協会 巻機山
南魚沼市 温泉一覧

登山後記
紅葉はじまりで寒いかと思ったけどそうでもなく朝ちょっと冷えるくらいで途中からずっと半袖でよかった。
日差しが強く、日焼けどめ必須。またしても腕の皮がむけるくらい日焼けしてしまった・・・
(なんてこったい完全に油断してたー)
九月いっぱいは常備しといたほうがよさそうだ。登りごたえがある山だった。


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

巻機山 一足先に秋を求めて百名山 前編

巻機山 一足先に秋を求めて百名山 前編
2015年9月22日(火) 晴れ (時間:10時間33分 13km) 新潟県

桜坂駐車場(5:38)→ 四合目(6:11)→ 五合目(6:36)→ 六合目(7:14)→ 七合目(8:09)→
八合目(8:56)→ ニセ巻山(九合目)(9:37)→ 避難小屋(9:49)→
御機屋(割引岳・牛ヶ岳 分岐)(10:18)→ 割引岳(10:56)→ 御機屋(12:02)→
巻機山山頂(ケルンの場所) (12:16)→ 群馬新潟県境(12:22)→ 御機屋(12:52)→ 避難小屋 →
ニセ巻山(13:16)→ 八合目(13:42)→ 七合目(14:02)→ 六合目 → 五合目(15:15)→
四合目(15:35) → 桜坂駐車場(16:11)

シルバーウィーク第2弾! 一足先に秋の山へってことで
父とともに草紅葉の始まった日本百名山のひとつ巻機山(まきはたやま)に行ってきました。

桜坂駐車場
関越自動車道 塩沢石打ICで降りて国道291号を進んで桜坂駐車場 到着
インター降りてすぐ近くにコンビニ無いので注意、ちょっと遠回りして三国街道か来る途中で
大きな駐車場には早朝だけど車たくさん、準備してると続々とやってくる人気の山だね。(駐車場500円)

井戸尾根ルート
いざスタート!(5:38) 今回のルートは井戸尾根コースから ヌクビ沢コースは上級者向け
だんだん明るくなってきた

尾根ルート登山口
すぐに尾根コース登山口到着 山道へ がんばってこー

四合目
四合目(6:11)
しばらくジグザグに登り、足元は岩と粘土っぽい樹林帯を進んでいく

キノコ

花
もくもくと登っていくと・・・

五合目
五合目展望台 焼松 到着 (6:36)  開けて展望台になってる

ナメ滝
朝日が出てきた 白く見えるのは米子沢だね

タムシバの実
タムシバの実
袋に実が真空パックされたみたいな感じでちょっと変な見た目

岩と泥の道
足元はちょっと石の割合が増えてきた 登山者どんどん登ってくる、みんな早いなぁ

大源太山
木の間から反対側の山々が とがっているのは大源太山(1598m)(上越のマッターホルン)
その奥の山は茂倉岳

ブナ林
ブナ林へ 朝日が当たってキレイ このあたりちょっと水分含んでて滑りやすい足元

六合目
六合目(7:14) 左側が開けてて展望台になってる

ヌクビ沢
朝日で凹凸クッキリな天狗岩の尾根
白く見えるのがヌクビ沢かー 登山口にヌクビ沢コースの注意看板出てたけど・・・たしかに険しそうだ
右に見える高い山が割引岳(わりめきだけ)

人影
ちょっとズーム もう人影が見える
ずっとわりびきと呼んでたけど後で調べたら本によってはどっちも書いてあったので間違いじゃなさそうだ

キノコ

赤い実

案内
中途にあった半端な勺表示の道標 緩やかな登り まだまだ先は長い

葉っぱ
色づいてきた葉っぱが増えてきた 足元はまだ湿って滑りやすい
六合目から七合目の間の粘土質の急斜面が桧穴ノ段と呼ばれてるみたい

開けたとこから
開けたとこにでた
今までとまわりの感じが変わって背丈ほどの木々にバトンタッチ
そろそろ森林限界かな?

七合目
七合目 物見平到着(8:09) 大きな岩で休憩
寒いかと思ってちょっと着こんできたけどまだそんな感じはなく 動いてたのでザックをおろすと背中から湯気が

見えるニセ巻機
正面見えるのはニセモノの方 本物の巻機山はまだ見えない

高くなってきた
だいぶ登ってきたなぁ~ 大源太山の裏の山が見えるようになってきた
左手前のコルのちょこっととび出てる建物は清水峠のJR鉄塔監視小屋(ちょっと小さすぎて分かりずらいけど)
奥は谷川連峰 中央奥の三角形が万太郎山 右端が行ってきた仙ノ倉山と平標山だね

民宿
国道沿いにあった集落もあんなに小さく

笹藪
笹藪が増えてきた 右手前、茶色の地肌のとこは舞子スキー場
中央奥は苗場山 さらに右奥にうっすら見えるのは妙高山と火打山

反対側
天狗岩の反対側が見えたぞ 黄金色に輝く魚沼産コシヒカリの田んぼだ

いい眺め
視界が開けていて気持ちがいいねー♪

ジグザク登り
またしばらくジグザク登り 

8合目(8:56)
八合目(8:56)
もう下山してくる方が何組もいて、昨日避難小屋に泊まったとのこと

ガレ場歩き
見上げると 石ごろごろ岩と階段のガレ場歩き

エメラルドグリーン
越後山脈 エメラルドグリーンで綺麗だ こっちは五合目から見えてた山々だね

反対側
もう少しで反対側が見えるぞ

中間地点から
尾根に出た 米子頭山・柄沢山・笠ヶ岳、その先は朝日岳
中央うっすら見えるのは赤城かな

燧ケ岳
遠くに燧ケ岳が見える そして・・・

ついに
ついに正面に巻機山が!!

手前のピーク
手前のピークが今までみてたニセモノくんかー

ニセ巻山
ニセ巻機山(前巻機)(九合目)到着(9:37) 

しばらく下り
しばらく下り ナナカマド色づいてるね

穏やかな斜面
内側は登ってきた山とは思えないような穏やかな斜面

始まってる

ナナカマド
紅葉始まってるねー 真っ赤だ

下っていく
木道を下っていくと

避難小屋
避難小屋到着(9:49)  鉄筋2階建て屋内、屋外にトイレあります

地塘
地塘 竜王ノ池

うっすら見える武尊山
左にうっすら見えるのは武尊山

ふり返って
ふり返って 避難小屋が小さく見える

もう少し
あともう少し

御機屋
御機屋到着(10:18) 割引岳・牛ヶ岳 分岐
山頂ってなってるけど・・・本当の最高点はここではなくて牛ヶ岳の間にあるみたい
大勢で休んでも平気なくらいの広さなので自然保護のためこっちにしたのかな?
ニセモノがあったり山頂でない山頂があったり面白い山だ

眺め
御機屋からの眺め

割引岳へ
休まず割引岳へ行ってみよう

牛ヶ岳
反対側の牛ヶ岳(1961.6m)

真っ赤だ
ちょっとズーム 人影が見える

山肌
ふり返って 山肌きれい

カラフル
色とりどり

越後三山
正面に越後三山(八海山、越後駒ヶ岳、中ノ岳)

花2

花3

小さな池塘
手前にあった小さな池塘

パノラマ

一本道
頂上までの一本道
途中の下っているのはヌクビ沢コースから来た場合あそこに出るのかな?

花4

あとひと登りだ
あとひと登りだ がんばろ―

割引岳到着
割引岳(1931m)到着(10:56)

お昼休憩
おなか減った~お昼休憩にしよう

後半はこちら(巻機山 一足先に秋を求めて百名山 後編)

情報サイト
巻機山の天気
南魚沼市公式ウェブサイト
南魚沼市観光協会 巻機山
南魚沼市 温泉一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

日帰り登山~関東お気軽散歩
プロフィール

ちーくん

Author:ちーくん
関東近郊を電車で日帰り山登りを楽しんでます。
首都圏から行ったオススメ登山スポットの記録。

SNS

lineスタンプ発売中