日帰り登山~関東お気軽散歩

大菩薩嶺へ 日帰り百名山

大菩薩嶺へ 日帰り百名山
2014年9月13日(土) 晴れ (時間:7時間36分 ※休憩時間含む) 山梨県
料金:バス:1000円(甲斐大和駅 → 上日川峠)※土日祝日、一部平日運行

上日川峠(9:14)→ 小屋平(9:50)→ 石丸峠(10:22)→ 大菩薩峠(10:51)→ 親不知の頭(11:10)→
賽ノ河原(11:25)→ 神部岩(11:43)→ 雷岩(11:52)→ 大菩薩嶺山頂(12:00)→ 丸川荘(13:02)→
丸川峠分岐駐車場(14:27)→ 裂石山雲峰寺(14:43)→ 大菩薩峠登山口バス停(14:50)→
塩山駅(16:50)

昨年に続き9月はなんとなく山梨県 ということで日本百名山の大菩薩嶺へ
はたして今回は富士山を見る事はできるのか!?
こぴっと頑張って登ってみました。

甲斐大和駅
始発に乗って甲斐大和駅 到着(8:03)
バスはすでに人がいっぱい、結局1台目に乗れず2台目に乗っていざ出発!
上日川峠の一つ手前の小屋平(石丸峠入口)で降りる場合
待ってる時に整理してるバス会社の人に言っておくと下りやすいように前の方に乗せてくれるみたい
上日川峠まではずっとカーブ道が続くので、車酔いしやすい人は注意

上日川峠
上日川峠 到着(9:04)
バスに乗って1時間くらい 空はちょっとモヤってるな
バス降りた所にある大菩薩の宿 ロッヂ長兵衛 入口に山の案内パンフレットが置いてある
さすがフルーツ王国 ここでも桃売ってる!! 駐車場はすでに車いっぱいでした。

福ちゃん荘経由の道
ガイドブックに載ってる福ちゃん荘経由して唐松尾根登るルートはロッヂ横から
入り口に案内看板がある こっちからも大菩薩峠にいけるルートもあるけど今回は・・・

石丸峠ルート
下調べしておいた尾根歩きをしたいので、石丸峠ルートから行って見よう♪
準備していざスタート(9:14)
大菩薩峠まで途中トイレないのですましてから行った方がいい

いざスタート
小屋平手前まで なだらかな道 ひんやりしてて気持ちいい ウォーミングアップにはちょうどいいね!

沢を渡る
沢を渡るところがあった 滑る石もあるのでちょっと注意

小屋平
小屋平 到着(9:50)
上日川峠一つ手前の小屋平(石丸峠入口)バス停で降りた場合ここからスタート

登りが始まる
カラマツ林をジグザグに登って行く

続く登り
一度開けた林道に出て進むとまた細道の登りへ
団体さんやファミリー、学生さんのグループとかこっちの道も登山者多い!さすが百名山 大人気
途中大きな虫取り網 持って歩いてる人がいた。
小屋平のとこにも網持った人いたけど、めずらしい蝶でもいるのかな?

歩いてて気持ちいい道
登りきると緩やかな直線の道に 歩いてて気持ちいい道

コケ石
途中 コケ石が沢山

大菩薩湖(上日川ダム)
開けたところにでた 手前は大菩薩湖(上日川ダム)
富士山はこっちの方向のはずだけど、雲で見えない・・・途中で見れたらいいなぁ

スイスみたいな感じの道
ハイジがいそうなスイスみたいな道(行った事ないので勝手に想像)
見晴らしがよくていいね

石丸峠
石丸峠 到着(10:22)

休憩
ちょっと休憩 雲がかかるので空がとても近くに感じる

牛奥ノ雁ヶ腹摺山方面
反対側の山 こっちに進んで行くと長い山名の
牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま)がある

カイフウロ
この辺カイフウロがたくさん咲いてた

にげてー
ふり返ると 石丸峠が雲に飲み込まれそうに!!

ゆるい傾斜の道
登ってしまえば ゆるい傾斜の道が続く

上日川ダム
上日川ダムはロックフィルダムだから前回の玉原ダムと同じだね

ちょっと紅葉
ちょっと紅葉始まってる

熊沢山
熊沢山(1978m)

嫌われたのかな?
富士山やっぱ見えないなぁ 扇山の時に続き山梨の山からなかなか見れない

ぼんお ぼんお
下りに差し掛かると、倒木や岩にコケがいっぱい
鳥の足みたいな木があった

介山荘の仲見世
介山荘の仲見世 到着 ここで上日川峠からくる道と合流
さらに進むと・・・

大菩薩峠
大菩薩峠(10:51) ガイドブックでよく見るカットだ
大菩薩峠からの眺め

唐松尾根からの登山者
唐松尾根から登ってこっちに下ってくる人も多いね

登るぞ
まだまだ登るぞ

反対側
反対側 うーんと奥多摩の方になるから三頭山とか大岳山になるのかな

登ってきたな
だいぶ登ってきたな

あきらめきれない富士山
近くの雲は流れてるんだけどなぁ やっぱ富士山見えない残念!

親不知の頭
親不知の頭 到着(11:10)
ちょっと早いけどお昼にしよう♪ 手前の森の中にある建物は福ちゃん荘かな
甲府盆地の奥、見えれば南アルプスのはず

先は長い
まだまだ先は長い

賽ノ河原
賽ノ河原(11:25)

地獄
たくさん石積んである 山上の地獄

おいらは花じゃないよ
汗だくで登ってたら服に蝶がとまってチューチュー吸ってた 花じゃないよー

思惑を感じる
神部岩(11:43)
2000年設置の標高2000米地点

花咲いてるー
ウメバチソウとカントウヨメナ

稜線キレイ
日が当たって稜線がキレイ

雷岩
雷岩 到着(11:52) みなさんお食事中 雷岩からの眺め

南アルプス
甲府盆地
ここは眺めがいいね 奥に南アルプス見えたぞ さらに進むと・・・

大菩薩嶺山頂
大菩薩嶺山頂(2,057m)到着(12:00)
ちょうど12時だ 山頂は木々に覆われて眺めは×

下山します
下山します 丸川峠を目指そう
岩が多い

キノコ
キノコたくさん

標高があまりかわらない
下がってきてるはずなんだけどあまり標高が変わらない気がする

気持ちよさそう
開けたところにでた
あの平な岩でのそべったら気持ちよさそう 養生してて入れないけど・・・

丸川荘
丸川峠 丸川荘(13:02)

ガス欠
岩場の下りが続いて だんだんへたってくる
下りは苦手 ガス欠状態になってしまった
丸川峠の所で柳沢峠方面に行こうと思ったけど行かなくてよかった

案内看板
休み休み進み、ようやく案内看板見えた

セミが鳴く
広い道にでた まだセミが鳴いてる

丸川峠分岐駐車場
丸川峠分岐駐車場 到着(14:27) 裂石方面へ
右に進むと上日川峠まで戻れる(6.8Km 案内看板には1時間45分て書いてあった)

裂石山雲峰寺
裂石山雲峰寺(9:04) 大きな桜の木がある 石階段がすごい
武田家ゆかりの寺 風林火山の旗とか収めてある宝物殿は閉館中だった

大菩薩峠登山口バス停
大菩薩峠登山口バス停 到着(14:50) お疲れ様でした 駅まで運賃は300円
休んで体力回復したし、まだ時間あるので塩山駅まで歩いてみよう

国道411号
国道411号を進む
大菩薩の湯 下山した登山者がすいこまれて行く、ひとっ風呂浴びて帰るのにいいね

登ってきた山
登ってきた山々

甲州市の街並み
甲州市の街並み 塩山駅は奥に見える塩ノ山の先だから結構距離あるなぁ

峠の湧水
旧道を進むと峠の湧水 うまい
地名になってる裂石ももう少し進んだ先にあるみたいだけどちょっと分からなかった

充填中のレア現場
山梨といえばハッピードリンクショップ 駅まで何か所もあった、さすが名物

稲刈り
もう少しで稲刈りかな

小田原橋
小田原橋から眺め

樋口一葉
この辺りは樋口一葉の両親の出身地なんだね

体育祭
近くの中学校で体育祭やってた 組体操とかなつかしい

あと2km
あと2km もうちょい

葡萄がいっぱい
沿道に葡萄がいっぱいなってる! すごい!!

甲州市役所
甲州市役所

塩山駅到着
塩山駅 到着(16:50)
駅前のお土産屋さんで地ワイン(塩山ワイン)買ってみました おいしかった♪

情報サイト
大菩薩嶺の天気
甲斐大和駅~上日川峠(大菩薩上日川峠線) バス時刻表
大菩薩登山口(裂石バス停)から塩山駅 バス時刻表(PDF)
大菩薩嶺登山マップ
甲州市の公式サイト
山梨県甲州市観光協会
大菩薩観光協会
甲州市 日帰り温泉
大菩薩の湯
大菩薩の宿 ロッヂ長兵衛
山小舎 福ちゃん荘
山小屋 丸川荘
裂石山 雲峰寺
甲府市公式ホームページ
甲府市観光協会
「花子とアン」推進委員会

登山後記
今回も富士山見れませんでした残念 またリベンジしよう!
山道は登山者多いし案内標識もしっかりしてて迷う事はなかったです。
下山道は思った以上に長く石がゴロゴロして足元悪い。
雨が降ったら水路になっちゃうような場所もあったので怪我しないように慎重に。
平日行く場合、甲斐大和駅からのバスは運行している日が限られているので行く前にチェック
運行してなかったら塩山駅からバスで大菩薩峠登山口バス停へ
タクシーだと 甲斐大和から上日川峠(約6470円) 塩山駅から上日川峠(約5300円)くらいみたい


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

上州 三峰山へ 夏山登山

上州 三峰山へ 夏山登山
2014年8月20日(水) 晴れ (時間:4時間34分 ※休憩時間含む) 群馬県 みなかみ町 沼田市

三峰神社大鳥居(10:46) → 河内神社登山口(11:15) → 天狗岩(12:11) → 河内神社(12:11) →
三峰山山頂(13:45) → パラグライダー離陸場(14:55) → 河内神社登山口(15:49)

3山目、自転車に乗ってみなかみ町をブラブラ散策しながら三峰山(みつみねやま)を登ってみました。
三峰山って名前の山は全国各地にあるのでタイトルには上州とつけました。
追母峰(949.4m)と吹返峰(1015m)と後閑峰(1122.5m)の三つの峰の横長のテーブルマウンテン
小学校の時に河内神社まで遠足したこともあったりと、なじみの山です。
みなかみ町一周した時の様子はこちら

上州のギアナ高地(なんちゃって)
正面にある三峰山 横長だ

利根川
利根川 今日は水が少ないな

みなかみ町役場
みなかみ町役場

いい天気
今日はいい天気

眺め
正面 大峰山・吾妻耶山 奥は谷川岳
利根沼田望郷ラインができて自転車の大会(望郷ライン・センチュリーライド)も開催されてる
この日もサイクリストが走ってた

三峰神社の大鳥居
師(もろ)方面に進んで行くと三峰神社の大鳥居到着(10:46)

三峰山ハイキングマップ
横にハイキングマップがある まずは右端から登って河内神社へ山頂は左端というコース

三峰神社
鳥居を抜けて登って行くと三峰神社へ

サッカー部の先輩
お参りしていこう 神主さんはサッカー部の先輩

こっちはサッカー部の後輩
さらに進むと龍谷寺 

近づいてきたぞ
ふらふら寄り道しながら進んで行くと だんだん近づいてきた

パラグライダー
パラグライダー飛んでるー気持ちよさそう 下山する時これがいいなぁ

登山口
登山口到着(11:07)
ちょっと広いスペースになってるので自転車置いてスタート
車でくる場合、こっち側じゃなくて沼田側の河内神社駐車場からの方が広いしトイレあっていいかも

草ぼうぼう
入口は草ぼうぼう

間が無い
木の間が無い どうなってるんだ

ジグザグ登り
しばらくジグザグ登り

うまうま
水飲み場でちょっと休憩 今日はあついので冷たくてうまい

蝶
アザミと蝶

ヤマジノホトトギス
ヤマジノホトトギス

舗道
沼田側から登る場合使うパラグライダー関係車両用の舗道と合流

天狗岩
天狗岩(12:11)
ちょっと進むと天狗岩入口があったので寄り道
みなかみ町一望できるかなと思ったけど葉が生い茂ってて見えなかった

終点到着
戻って進むと舗装された道の終点到着
途中すれ違ったパラグライダーの車停まってた
左端に見えるモノレールで離陸場まで荷物を運ぶみたい

登山道
登山道は右側

階段
石階段登ると・・・

河内神社
河内神社到着

ちょっと休憩
晴れてて眺めはいいね! ここでちょっと休憩しよう

戸神山
手前の三角の山は戸神山

赤城山
赤城山まではっきり見える

河岸段丘
沼田市の河岸段丘
休憩したので山頂を目指そう(12:45)
河内神社から4.9km 1時間45分て書いてあった

三峰沼の分岐
FM尾瀬のアンテナ塔の脇を通って進むと三峰沼の分岐(12:55)
三峰沼には寄らず今回は道なりに進む
標識どうりの時間だと行って帰って4時過ぎになっちゃうのでちょっとだけペースを上げる

レンゲショウマ
レンゲショウマ

後閑林道の分岐
後閑林道の分岐(13:20)あと1.6km もう少し・・・なんて思ったらここからが長かった

まだまだ
登って下ってを何回かくり返す
登りきってもう山頂かな? なんて思ったら甘い・・・まだまだ先は長い

標識見えた!
少し心折れそうになってきはじめた時に標識見えた

三峰山山頂
三峰山山頂(1122.5m)到着(13:45)
ちょうど1時間くらいでついた 山頂の眺めは・・・

谷川岳方面
谷川岳方面 雲かかってる

下山
もうトンボいる
お昼も食べたことだし折り返そう

ぽつぽつ
雨粒がぽつぽつ降ってきた 遠くで雷の音も聞こえる

アーチ
倒木のアーチ

雨降ってきた
本格的に降ってきた雷鳴ってるし 雨具着て速足で いそげいそげ

雨やんだ
と思ったら雨やんできた
急がなくてもよくなったのでパラグライダー離陸場へ

雲の流れが速い
雲の流れが速い 遠くの方は晴れてる

見晴らしいい
遮るものが無いので見晴らしいいなぁ

雨雲通過中
雨降ってるところが分かり易い

テイクオフ
じゃあ帰りはここからテイクオフ!! (なんちゃって)

晴れてきた
通り雨だったのかな

下山
元来た道を戻ります

雨で元気
雨で元気に


夏だーー!!って感じがする大合唱

下山完了
河内神社登山口に戻ってきた お疲れ様でした

散策へGO
まだ時間あるので帰りも散策していこう

雲きれい
雲がすごい

後閑駅
後閑駅 ちょうど電車 一時間に1本だからなんとなくラッキーな気分

月夜野橋
月夜野橋

我が母校
月夜野中学校

情報サイト
みなかみ町天気
沼田市の天気
三峰山の登山マップ
雪国観光圏 三峰山
みなかみ町ホームページ
みなかみ町観光協会公式サイト
沼田市ホームページ
沼田市観光まるわかりガイド
近くの温泉 三峰の湯


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

鹿俣山からブナ平へ 玉原高原 後編

鹿俣山からブナ平へ 玉原高原 後編
2014年8月19日(火) 晴れ (時間:5時間8分 ※休憩時間含む) 群馬県 沼田市

玉原高原センターハウス(9:24)→ ぶなの湧き水(9:29)→ 自然環境センター → 玉原湖(玉原ダム)→
玉原湿原(9:47)→ 東京大学玉原国際セミナーハウス → 第5鉄塔(10:32)→ 尼ヶ禿山(10:49)→
三角点(長沢)(11:47)→ ブナ地蔵 → ブナ平探鳥路分岐(12:02)→ 鹿俣山(13:00)→
ブナ平分岐(14:08)→ 探鳥路 → 玉原高原センターハウス(14:30)

後編、鹿俣山(かのまたやま)へ登ってみよう
前編はこちら(玉原湿原~尼ヶ禿山~ブナ平 玉原高原 前編)

ササ原歩き
ブナ平探鳥路分岐からしばらくササ原歩き 鹿俣山へいざ出発(12:02)

ガザガザ
笹薮からガザガザ音がしてちょっとびっくり 風か? 動物か? とりあえず鈴を鳴らして行こう

たんばらゲレンデ
緩やかな登り 玉原スキー場のゲレンデにでた

沢山咲いてる
ゲレンデにはいたるところでヨツバヒヨドリとヤマハハコが咲いてた

リフト
リフトが見えてきたぞー

雪の無いゲレンデ
雪の無いゲレンデって結構岩ごろごろしてるんだね

眺め
ゲレンデからは玉原湖が見れる
ブナ林のところでハイカーさんに眺望のよいとこありますかと聞かれて、
尼ヶ禿山オススメしちゃったけど このあたりならもっと気軽にこれそうだ。

山頂への分岐到着
山頂への分岐到着(12:36) 山頂まであと0.6km
ラベンダーパークの方に下山できるけど、営業期間中に入ると入園料金必要になる道もあるのでマップをチェック

ゲレンデ歩き
しばらくゲレンデ歩き ゆったり登り

ゲレンデ
眺めが良くて、気持ちいい~

山道歩き
ゲレンデを抜けたらまた山道に入る

まだまだ歩く
あと0.2km もうちょい歩くみたいだ

もう少し
だいぶ登ってきたぞ

ガマズミ
ガマズミ

鹿俣山山頂
鹿俣山(1637m)山頂到着(13:00)

眺め
山頂からの眺め

眺め2
沼田方面 ちょっと遠くはガスってきてる

眺め3
上州武尊方面

うまうま
山頂で食べるおにぎりはおいしい♪

ブナ林へ
お昼食べて休んだのでブナ林へ戻ろう

ラベンダーパークへの分岐
頂上に何組かいたけど登ってくるとき合わなかったからラベンダーパークの方から来たのかな

休憩
眺めがいいのでゲレンデでちょっと休憩 お昼食べたばっかりだけどお菓子食べよう

アサギマダラ
登りの時いなかったアサギマダラがいた

アサギマダラ2
なかなか羽根を開いた瞬間を撮るのは難しいなぁ

アサギマダラ3
綺麗な羽根だ

ササ原
ササ原に戻ってきた

もうすぐ分岐
標識が見えてきたぞ

ブナ平探鳥路分岐
ブナ平探鳥路分岐到着(14:08)

探鳥路
探鳥路

とちの実
実が落ちてた ブナ? 後で調べたらとちの実だった

キラキラ
キラキラ

ブナ林
誰もいない ブナ林貸し切り状態 ラッキー

ミズメ
沼田の名木百選 ミズメ

根っこ
根っこがすごい

戻ってきた
ブナ平入口まで戻ってきた。 左に進むと森林キャンプ場

銅金沢
銅金沢

ド根性
無茶しやがって

玉原高原センターハウス
玉原高原センターハウスに戻ってきた(14:30) お疲れ様でした

キクイモ
キクイモの花

情報サイト
鹿俣山の天気
玉原高原の天気
玉原高原遊歩道マップ
たんばらラベンダーパーク
たんばらスキーパーク
沼田市の天気
沼田市ホームページ
みなかみ町の天気
みなかみ町ホームページ
日帰り温泉 望郷の湯


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

玉原湿原~尼ヶ禿山~ブナ平 玉原高原 前編

玉原湿原~尼ヶ禿山~ブナ平 玉原高原 前編
2014年8月19日(火) 晴れ (時間:5時間8分 ※休憩時間含む) 群馬県 沼田市

玉原高原センターハウス(9:24)→ ぶなの湧き水(9:29)→ 自然環境センター → 玉原湖(玉原ダム)→
玉原湿原(9:47)→ 東京大学玉原国際セミナーハウス → 第5鉄塔(10:32)→ 尼ヶ禿山(10:49)→
三角点(長沢)(11:47)→ ブナ地蔵 → ブナ平探鳥路分岐(12:02)→ 鹿俣山(13:00)→
ブナ平分岐(14:08)→ 探鳥路 → センターハウス(14:30)

夏季休暇を利用しての山登り 今回は関東屈指のブナ林が広がる玉原高原へ
ラベンダーパークや玉原高原森林キャンプ場でキャンプした事あったけど湿原の方に行くのは初めて
玉原高原をぐるっと一周してみました。
ちょっと前にNHKの番組チャレンジ!ホビーでやってた放送を見てブナ林を歩いてみたいと思っていたので
とっても楽しみだ♪

玉原高原センターハウスからスタート
スタート地点(9:24)
たんばらラベンダーパークからさらに進むと終点に玉原高原センターハウスがある
広めの駐車場があってすでに6台くらい車停まってて団体さんが準備してた。

案内図
入口にある案内図
まずは玉原湿原をぬけて尼ヶ禿山(あまがはげやま)へ行ってみよう

鳥案内図
鳥も一杯いるみたい、声が聞こえるかな
でも今は蝉の声の方が強い

案内看板
色々散策ルートがあるけど案内看板は沢山あるので道は迷わなかった

ぶなの湧き水
ぶなの湧き水 冷たくておいしい

十二山宮
湿原入口にある十二山宮 無事行ってこれるようお参りしてからいこう

自然環境センター
自然環境センター 展示室がある

玉原湖 玉原湿原方面
ちょっと寄り道
玉原湖 玉原湿原方面、水面に写ってキレイ
家で秋撮った写真みせてもらったけど紅葉してたらさらに良さそうだ

玉原湖 玉原ダム方面
玉原ダムは1981年にできた人口湖 ロックフィルダム

玉原湿原
十二山宮のところまで戻って玉原湿原へ  玉原湿原植生一覧

玉原湿原2
小尾瀬と呼ばれてる玉原湿原 時期によっては水芭蕉が見れる今は夏草でいっぱい
秋、草紅葉したら良さそうだ

玉原湿原3
夏の青空もいいなぁ

林道へ
湿原をぬけてそろそろ林道に突入
スタート地点に熊注意看板があったのでここからは鈴ならしていこう

コバギボウシ
コバギボウシ

涼しい
夏だし日差しは強いはずだけど林の中は涼しかった

ヘビくん
ヘビくん発見 ニョロッてた

東京大学玉原国際セミナーハウス
東京大学玉原国際セミナーハウス

森林浴
森林浴しながら歩くだけでも気持ちがいい

キノコ
キノコもにょきにょきでてる

もう少し
あと1kmだ

第5鉄塔
第5鉄塔(10:32)

第5鉄塔
少し登ると視界が開けた 山頂から下ってきた団体さんたちの声が聞こえる

尼ヶ禿山
尼ヶ禿山山頂(1466m)到着(10:49)

山頂からの眺め
山頂からの眺め

山頂からの眺め2
半分崖になってるので遮るものがなく眺めがいいなぁ

沼田市外地方面
沼田市外地方面 奥にうっすら裾野は長し赤城山が

子持山
手前から迦葉山・三峰山さらに奥には昨日登った子持山
カメラでズームしたらドコモの鉄塔も見えた となりは小野子山、中ノ岳、十二ケ岳
だんだん登ってきた山が増えてきたなぁ

朝日岳
北側には白毛門、朝日岳

眺めがいい
玉原湖から鹿俣山、上州武尊山 晴れててよかった

たんばらラベンダーパーク
たんばらラベンダーパーク 開園してるのは8月いっぱいまで
冬場はたんばらスキーパークになる

下山
休んだので鹿俣山を目指そう

第5鉄塔
第5鉄塔まで戻ってきた

下り
少し下って

沢にでた
沢にでた 水が冷たい

玉原トンネル
閉鎖されてる玉原トンネル

砂利道
ずっと林道歩きだったから砂利道が新鮮に感じる

道なり
しばらく道なり

分岐
真っ直ぐ進むと玉原越え みなかみ町へ藤原ダムあたりにでるみたい
三角点へ行きたいので手前の案内看板を下るんだけど道がジャングル状態!!
先が見えねぇ・・・

マルバフユイチゴ
マルバフユイチゴ

登り
しばらく登り

三角点(長沢)
三角点(長沢)到着(11:47)
周りは木々が生い茂ってて眺望も無いので先に進もう

ブナ平
下ってブナ平にでた

ミズメ
ブナ地蔵 ブナが朽ちて残った部分なのかな

シナの木
沼田の名木百選 シナの木

探鳥路
探鳥路 帰りはここを通って行こう

ブナ平探鳥路分岐
ブナ平探鳥路分岐到着(12:02)
ちょっと休んで鹿俣山へ行ってみよう

後編へ続く(鹿俣山からブナ平へ 玉原高原 後編)

情報サイト
鹿俣山の天気
玉原高原の天気
沼田市の天気
沼田市ホームページ
沼田市観光まるわかりガイド
鹿俣山・尼ケ禿山
みなかみ町の天気
みなかみ町ホームページ
日帰り温泉 望郷の湯
玉原高原遊歩道マップ
たんばらラベンダーパーク
玉原高原センターハウス


このエントリーをはてなブックマークに追加
今までの登山記録 今までのハイキング記録

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用


ページトップへ

日帰り登山~関東お気軽散歩
プロフィール

ちーくん

Author:ちーくん
関東近郊を電車で日帰り山登りを楽しんでます。
首都圏から行ったオススメ登山スポットの記録。

SNS

lineスタンプ発売中